ネットで簡単手続きの借入は現在、5人に1人が利用しています!

とにかく金利が低く、銀行系なので安心です!

銀行系のカードローン会社のCMが増え、気になっている方も多いと思います。

 

銀行系カードローンの良さは、まず安定した企業が行なっているので初めてキャッシングをするにも安心なところです。私が利用したのは、三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックです。

 

最初は大手銀行系なので審査が厳しいのではないかと思っていました。

 

私は契約社員として働いているので、その辺が一番心配なところでした。しかし公式サイトで確認すると、安定した収入があればパート・アルバイトの方の申し込みも可能ということでした。

 

早速インターネットから申込んだのですが、最短30分で審査回答可能という触れ込みの通り、審査回答も早く貰えました

 

即日融資も条件はありますが可能ですので、お急ぎの方にも利用しやすいと思います。
また、バンクイックの魅力は銀行系ならではの金利の低さです。

 

他のキャッシング会社と比べてみれば分かりますが、
年1.8%〜14.6%という低金利ですので、負担も少なく無理のない返済が可能です。

 

金利が低いので他社からの借り換えに使うのもひとつの方法でしょう。

 

今まで多く払っていた金利が低くなるので、毎月の生活に余裕ができます。

 

公式サイトはこちら

人気の借入ローン TOP4

数ある借入ローンの中でも、口コミによる評価が高い商品だけを厳選してランキング比較しました。

 

順位

サービス名

実質年率

限度額

審査

公式サイト

1位 プロミス 4.5%〜17.8% 500万 最短30分 公式サイト
2位 オリックス銀行カードローン 3.0%〜17.8% 最高800万 最短即日 公式サイト
3位 ビジネクスト HPで確認 HPで確認 最短即日 公式サイト
4位 モビット 3.0%〜18.0% 800万 最短10秒 公式サイト

 

※モビット10秒審査の結果表示は、事前審査による結果表示となります。

 

詳細のランキング比較はこちら

借入れの審査が不安なんだけど、どんなことをするの?

初めてカードローンやキャッシングを利用する時には、緊張もしますし不安を感じることもあるかもしれません。

 

しかし最近では、一定期間無利息といったサービスを展開している
業者も増えてきており、それらを賢く利用する人も増えてきています。

 

それにカードローン会社も、無理矢理返せないような金額を貸したりすることはなく、
私たちの返済能力を確認した上で、融資限度額を決定しています。

 

この返済能力を確認するために行われているのが、審査と呼ばれるものになります。

 

借入するための申し込みを行うと、どこの業者でも
まずこの審査が行われ、審査に通らなければ借入を行うことはできません。

 

同じ金融機関でも審査が厳しいところ、そうでもないところなど基準がまちまちです。

 

1件目の審査で落ちたとしても、希望金額を下げて別の業者で審査申込みをすると通ることもあるんですよ。

 

審査内容や基準は教えてはもらえませんが、私たちが行うことは、申込み用紙に名前、生年月日、
職業、現在他社での借り入れ金額がある場合の詳細などを記入するだけです。

 

この審査も別に店頭にまで出向く必要はありませんし、
インターネットのフォームの所定蘭に入力していくだけで終了するところもあります。

 

審査の結果はメールで送られてくるので、直接人と対面することなく手続きが行えるので、緊張もしませんね。

 

審査にかかる時間も業者によって違いますが、近年ではネット上での手続きなどですと、30分から数時間
というところが多く、申込みした当日に融資可能というところも出てきています。

 

1度審査を行ってしまえば、以降は発行されたカードを使い、提携ATMなどで借入、返却が行えるようになります。

 

最近はコンビニATMと提携している業者も多いので、出先などで急に出費があったとしても
すぐに対応することができるので、財布に1枚入れておくと心強いですね。

無理のない返済計画をたて、賢く利用しよう!

借入は審査を通ってしまえば、あとは人と直接話をすることもなく、ATMなどで利用することができます。

 

とても簡単に利用できるので、逆に拍子抜けしてしまうかもしれませんね。
しかし簡単に利用できるからこそ、しっかりと考えておかなければならないのが、返済についてです。

 

借入はあくまで「お金を借りている」だけです。

 

借りたお金は利子をつけて返さないとならないので、返済についてもある程度の計画を立てておく必要がありますね。
例えば10万円を借りて、月々1万円の返済を行うとします。

 

極端な話ですが、毎月の収入が2万円ならば、残りの1万円では生活することはできません。

 

このように借りるときには、毎月幾ら返済することになるのか、
返済後の残りのお金で、生活していくことができるのかを把握しておかなければなりません。

 

法律では、借入金額が生活を圧迫しすぎないように、借入の限度額が
決められており、年収の3分の1という基準になっています。

 

しかしこの数字だと、少々借入金額が多いと見るべきでしょう。

 

一般的にはゆとりのある返済が行えるという数字は、収入の1割から2割前後だと言われています。

 

人によっては収入が多くても家賃支払いなどが多いために自由になるお金が
少なかったり、逆に収入が少なくても自由になるお金が多かったりと状況が違います。

 

つまり、自分の自由になる金額や収入の状況と照らし合わせた上で、
返済計画を立てていくのが理想的であるといえますね。

 

自分の返済計画に自信がないこともあるかもしれません。

 

業者の中には、返済シミュレーションができたり、実際にオペレーターと相談することが
できるところもあるので、そういったサービスを利用してみるのも方法の1つです。

 

カードローンは賢く利用すれば、決して怖いものではなく、日々の生活や心にゆとりを与えてくれます。

 

ただしそのためには、無理のない返済計画を立てることが第一なのです。
それさえできれば、急な出費があっても不安になることもなく、ゆとりのある毎日を送ることができるようになるでしょう。

 

人気の借入ローンのランキングはこちら