借入残高を早く減らすコツ

例えば借入金額が数万円ならば、返済が何年にも渡るといったことはあまりないでしょう。

 

返済が長期に渡るパターンの代表的な例というと、住宅ローンがあります。
住宅ローンでは借入する金額が何千万にもなるために、返済期間も30年以上になることも珍しくはありません。

 

私たちが銀行や消費者金融などでお金を借りたときには、
借入金額と返済期間に応じた利息を払うことになります。

 

簡単に言うと、大金を借りて返済が長くなればなるほどに、私たちは多額の利息を払うことになる、ということです。

 

この利息を少しでも少なくしたい場合には、どうすれば良いのでしょうか?
実は借りた当初に計画された時よりも、支払う利息を少額に抑えることのできる方法があります。

 

返済金額というのは、月に幾らというように決まっています。

 

しかし、これを少しでも多く返済する繰上返済を行うのです。
住宅ローンなどですと、銀行などによって繰上げ返済は100万円以上などの規定があることがあります。

 

繰上返済によって利息部分ではなく、元金部分を減らすことができるので、
最終的に支払うことになる利息を減らすことができるのです。

 

繰上返済を行うことによって返済期間も金額に応じて短くすることができるというのも魅力ですね。

 

金融機関によって利息計算の方法もまちまちですが、1日単位で利息計算されるならば、
返済日を待たずに少しでも余裕が出たら返済した方がお得になりますね。

 

つまり、自分の借りているお金にかかり利息計算の方法が、
1日単位なのか、1月単位なのかということもしっかりチェックしておきましょう。

 

勿論、金融機関によっては返済方法、繰上返済の単位などについて規定がある場合があります。

 

それらは契約書などにも記載されているので、契約時にしっかり契約書を熟読するようにしましょう。