申込から融資までの流れ

ここでは実際にキャッシングを利用するときに、どのような流れになるのかを簡単にご説明します。

 

ここでは若い方を中心に利用が広まっているという、インターネットを利用した申込みの場合を
ご紹介しますが、店頭であっても、流れ自体にはさほどの違いはないでしょう。

 

まずは申込みをします。

 

店頭などで申し込みをする場合には氏名、電話番号、勤務先といった情報を手書きで記入します。

 

ネットでの申込みを利用する場合には、フォームに上記の情報を
入力していくだけで申込みが完了し、業者での審査が開始されます。

 

即日審査を謳っている業者になれば、申込みから審査完了までが
最短で30分程度、長くても数時間で終了
します。

 

しかし中には審査結果が伝えられるのは翌日になる、というところもあります。

 

審査を無事に通ることができると、次には本人確認書類を提出することになります。

 

運転免許証などをFAXで送ったり、スキャンあるいは
撮影してメールなどに添付する形で送る
ようにします。

 

その後は契約を経て実際の借入になりますが、契約に関しては
自動で行える契約機などのところや店頭に行く必要がありますね。

 

契約時の契約書には、利息や返済日、返済方法などについて記載されているので、
面倒でも必ず最後まで目を通すようにしてください。

 

しかしここでカード発行なども可能なので、返済の時の利便性を考えると、
カードまで発行しておいた方が良いかもしれません。

 

契約が終わればようやく借入となり、銀行口座などに振込をしてもらうことができますし、
先ほど発行したカードを利用しての借入も可能になります。

 

つまり審査の申し込みをしてから、即日融資のところならば
当日中に口座に振り込みをしてもらうことが可能ということになりますね。