借入の早期返済はお得?

金融機関で借入をすると、借入期間や元金などに基づいて
利息が計算され、毎月の返済額が決定されます。

 

普通ならばその定められた金額を毎月コツコツと返済します。

 

しかし利息計算のときの金利や借入したときの状況は金融機関などによって
変わってきますが、利息計算はほとんどの機関で1日単位で行っていることをご存じですか?

 

つまり返済のときに、定められた金額よりも多めのお金を返済することで、
私たちが払わなければならない利息が少し安くなることになります。

 

借入した金額が1万円前後ならば、さほどの変化はありません。

 

しかしこれが住宅ローンなどの大きなお金で、支払が何十年にも及ぶ場合には、
繰上返済という方法を取ることで、かなりの利息を節約することができるのです。

 

繰上げ返済を行うことで元金を減らすことができるので、返済した金額に応じて返済期間を
短縮することができる上に、利息も節約することができるとなるとメリットは大きいですね。

 

繰上げ返済に関しては、支払期間が長きに渡れば渡るほどに、
返済期間の短縮、利息軽減といったメリットが大きくなってきます

 

勿論少額の借入においても、多めに返済することで1日でも早く返済することができれば肩の荷も下りますね。

 

キャッシングなどの少額融資において、こういった繰上げ返済は
利息軽減効果はいま一つですが、早く返そうとする姿勢はきちんと評価されることも多いようです。

 

例えば次に利用する時や追加融資をお願いする時など、以前に利用したときよりも
融資できる金額枠を広くしてくれるといったこともあります。

 

キャッシングなどの返済は、1日単位での利息がかかるので、もしも多少でも
余裕があるならば、その時にさっと返済してしまうのがお得になるということですね。