収入がなくても借りられる?

銀行や金融機関での借入、あるいはキャッシングを利用するためには、
「安定した収入がある」ことが条件とされていることが多いようです。

 

しかしこれはやはり、金融機関としては貸したお金が返済されなければ
貸し倒れとなってしまうので、融資する相手に返済能力を求めるのは当然ともいえますね。

 

例えば貴方が、明らかに返済能力のない相手に「お金を貸して」と言われたら、
「貸しても返してもらえないかもしれない」と躊躇しますよね?それと同じことです。

 

銀行や金融機関は、返済能力があると判断した相手には融資を行ってくれますし、
もしも返済能力がないと判断されれば、借入の申込みをしても断られることもあります

 

そのためにキャッシングや借入の時には、名前、生年月日、住所などを
申込書に記入した上で、返済能力があるか否かの審査が行われるのです。

 

つまり一定の収入、安定した収入がない場合には借入を行うのは難しいと言わざるを得ないでしょう。

 

しかし学生であれば、例えば卒業してから返済することのできるタイプのものなどもあります。

 

自分に収入がない専業主婦であっても、配偶者の収入によっては、
配偶者の同意が必要になりますが借入することができる場合もあるようです。

 

中には金融機関などの審査に通らなかった人でも、融資を行ってくれるという
業者もあるようですが、そういったところは利息がかなり高いところが多いのが現状です。

 

中には利息が貸出金利の上限にかなり近いというところもあり、
できればこういったところは利用しないに越したことはないでしょう。

 

しかし例えば自分に一定の収入がなかったとしても、保証人を入れたり、
担保を入れるなどすれば融資を受けることができる場合もあります。

 

この基準については各金融機関によって違いがあるので、その都度確認する必要があるといえますね。