住宅ローンがあってもOK?

住宅ローンの支払いは、金額にして何千万円、そして返済年月は何十年にも及びます。

 

その間ずっと収入などの金銭状況が安定しているならば何も問題はありません。
しかし毎月何万円ものローンを抱えていると、やはり予期せぬ出費に困ることもあるでしょう。

 

ましてや住宅を購入すると、出費はローン以外にも固定資産税などにも及びます。

 

しかしキャッシングや借入などを利用する際に、他にも多額の借入があると、
融資を受けることができない場合がある、という話もあります。

 

これが住宅ローンにも適用されるとなると、住宅ローン返済中は
キャッシングなどの借入ができないことになってしまいますね。

 

所謂総量制と呼ばれる制度ですが、キャッシング会社では住宅ローンの融資額に関しては
総量に含まれないので、住宅ローン返済中でも借入を行うことができます

 

ですがもしもキャッシングや消費者金融で借入を行い、その返済途中であったりすると、
逆に住宅ローンの融資を受けたいときに、審査に通らないことがあります。

 

もしも住宅購入においで、住宅ローンの利用予定があるならば、消費者金融での
返済を全て終えて、数ヶ月あるいは数年たってから審査を行うようにした方が良いでしょう。

 

これはキャッシング以外でも、車のローンなどでも同じように、
返済途中であると住宅ローンの審査に通らないことが多いので注意が必要になってきます。

 

住宅ローンの返済途中でキャッシングを利用したいという時には、
住宅ローンの残高自体があまり問題になることはありません

 

住宅ローンを将来的に利用する予定があるならば、キャッシングや消費者金融に
頼るのではなく、別の方法を考える必要があるかもしれませんね。