年金受給者でも借入OK?

仕事をしていた時とは違い、年金のみで生活していると、急な出費が合った時など困ってしまうこともありがちです。

 

キャッシングなどを利用することができれば良いのですが、多くの会社では借入のできる年齢に
上限を設けており、平均すると65歳から70歳くらいまでが上限となっているようですね。

 

つまりそれ以上の年齢になってしまうと、もしも毎月一定の収入があったとしても
キャッシングの申し込みをすることはできないと考えるべきでしょう。

 

キャッシング会社は融資を行うときに、申込者に一定の収入があるかどうか、
どんな資産を有しているのかといった情報などを頼りに融資できる金額を決定します。

 

キャッシング会社は年金を安定した収入として考えているので、
年金受給者であってもキャッシングの申し込みをすることができるのです。

 

高齢で年金しか収入がないのでキャッシングできないかもしれないと考えている人であっても、
申込みすることができるので、急な出費があったとしても安心できますね。

 

しかし会社によっては、年金を収入とみなしていないところもあるので、そういったところでは借入を行うことはできません。

 

1つ注意したいのは、借入をして、返済している最中に上限の年齢を過ぎてしまうということがあった場合です。
そんな時は新たな借入を申し込みたかったとしても、追加融資を受けることができないといった会社もあるようです。

 

とはいえ年齢の上限にも、キャッシング会社によって違う設定がされていることも多いのが現状なので、
自分がどんな利用の仕方をするのかを考えた上で申し込みを行うようにしましょう。

 

計画的に利用する限りは、キャッシングは非常に便利なものであるといえます。

 

しかし年金のみで生活している方が利用する場合には、今まで利用してきたキャッシングが
年齢制限により利用できなくなる可能性についても考えておく必要があるでしょう。