返済が遅れそうな時は?

無事に借入を受けることができると、今度はいよいよ返済を行うことになります。

 

借りた金額によって、借りた金額と利子とを一括で返済するのか、
毎月少しずつ返済していくのか、いろいろな返済方法があるでしょう。

 

そこで不安になってくるのが、もしも返済が遅れそうなときはどうしたら良いのか、という事ですね。

 

勿論借入した以上は、きっちりとお金は返済しなければなりません。
しかし何らかの事情により、返済が遅れそうになってしまったり、返済できないといった状況が来てしまうかもしれません。

 

返済が遅れそうな時には、まずは返済日が来る前にキャッシング会社に連絡するようにしましょう。

 

返済ができないなんて言い出し難いといった気持ちは分かりますが、
返済日を過ぎてから連絡をするのでは、信用を失ってしまいます。

 

返済日を過ぎてからやっと連絡をするのでは、「返す気がないのかな」と思われてしまうかもしれません。

 

しかし、返済日前に連絡することで、「返す気はあるけれど事情があるんだな」と人は考えるものです。

 

そして連絡を入れたときに必ず伝えなければならないのが、
「何日ならば返済することができるのか」という具体的な日付です。

 

支払ができないというだけの連絡では意味がありません。

 

返済が遅れそうなときにキャッシング会社が最も知りたいことは、実際の返済日です。

 

この場合にキャッシング会社と相談しなければならないことは、返済日の調整であって
返済ができないというだけの連絡ではないことを忘れないようにしましょう。

 

そして返済日がいつになるのか予測できないからといって、
返済せずにそのまま放置することだけは絶対にしてはいけません

 

督促の電話などがかかってくることもありますし、最悪信用情報機関にその情報が登録されてしまい、
以降キャッシング会社や金融機関での借入ができなくなってしまうので注意しましょう。