借入は就職時などに不利?

借入やキャッシングを初めて行う時には不安になるものです。

 

中でも就職活動を控えている方には、「もし借入を行うことよって就職活動上、不利になることがあったら……」
という悩みを感じている方もいるかもしれませんね。

 

キャッシング関連の情報は、信用情報機関によって取り扱われています。

 

銀行系のものならばKSC、信販系ならばCIC……というように、
消費者金融系列のものなどもありますが、これらの情報照会には規約が定められています

 

キャッシングの申し込みなどを行う時には、融資が可能かどうかの
審査に必要な為、本人に同意の上で照会を行っています。

 

つまり就職活動の中、本人の同意のない状態で信用情報機関に
照会を求めたとしても、本人の同意がなければ紹介は行われません。

 

就職活動のためだからといって、情報の照会を行うこともできませんから、
就職活動を行う上で、キャッシングが不利になるといったことはありません

 

ただしこれにも1つだけ例外があります。

 

例えば既にキャッシングによって借入を行っている状態で、なおかつ返済が滞ってしまっている場合です。
もしかしたら支払が遅れたことによって、職場などに督促の電話が頻繁にかかってきてしまう、といった場合は別です。

 

この場合も信用情報機関への情報の照会自体は行われることはありませんが、会社に何度も
督促の電話がかかってきてしまうと、会社によっては業務に影響が出ることも考えられます。

 

そんな状況になってしまうと、せっかく勤め始めた会社であっても、解雇されてしまうといったこともあり得ます。

 

つまり簡単に言うと、借入を行っていたとしても、
計画的に返済ができているのならば、就職などには影響はないということになりますね。