借入可能な年齢

金融機関やキャッシングなどでの借入ができるのは、
基本的には20歳以上であるという条件を設けているところが大半です。

 

基本的に各キャッシング会社や金融機関は、満20歳以上を年齢制限としていますが、これにも例外があります。

 

例えば20歳未満であっても、18歳以上であり既婚者である場合には
成人として認められる為、キャッシングなどの借入が可能になるケースもあるのです。

 

しかしこの条件も、金融機関によって多少の違いが出てくるので、
利用を考えているときには事前に確認するなどしておくと良いでしょう。

 

では20歳以下は借入ができないのかというと、学生専門の
キャッシングなどを取り扱っているところもあるようですが、要注意です。

 

20歳以下というとほとんどが学生の方だと考えられますが、学生というと
アルバイトなどをしている場合はありますが、「定期的な収入」と呼べるものがない状態です。

 

社会人に比べて未成年者に貸付を行う場合には、
それだけ貸し倒れする可能性が高いと考えて金融機関は貸付を行います。

 

そのためそれだけ利息が高くなる傾向にありますし、まだ人生経験が少ない段階で、
キャッシングについてきちんとした知識もないまま借入を利用するというのは危険です。

 

もしも学生であり、借入を行わないと学費なども危ぶまれるというパターンも考えられますね。

 

しかし、高い金利の学生専門のキャッシングやローンを利用するよりも、
金利の低い奨学金を利用した方が良いでしょう。

 

奨学金には審査がありますが、中には成績優秀者には利息が発生しない
というものや、卒業後の職種によっては返済を免除されるというものもあるようです。

 

自分の必要な金額、目的に応じて、そういった手段も考えて利用するようにしたいですね。