借入可能な金額について

私たちは望む金額を必ず借入できる訳ではありません。
収入が高い人はそれだけ返済能力も高くなります

 

つまり収入が高い人が借入を行う時には、より多くの融資を受けることができるということになります。

 

借入可能金額は借入申込みの審査が終了すると、
自分が幾ら融資を受けることが可能なのかが提示されます。

 

これは金融機関によって審査内容が異なっているために、
金融機関によって借入可能金額に僅かな違いが出てくることも珍しくはありません。

 

自分の返済能力限界まで借入を行うとすると、目安としては年収の10%前後であるといわれています。

 

しかしこれはあくまで目安であり、所有している家や資産によっても数字は変わってきます。

 

審査は過去の借入内容なども含めて行われることがあり、過去の借入分に対し、
現在も返済を行っていたり、返済が遅れていたりすると、希望の金額を借入できないこともあります。

 

過去には金融機関ごとの審査基準がかなり優先されており、
融資金額を決める指針も会社独自の基準にのっとって行われていました。

 

そのため過去の借入に対して返済がきちんと行われた場合には、
融資可能金額を高くしてくれるといったこともあったようです。

 

しかしその後、貸金業法の改正に伴い、借入可能金額はどの金融機関もおおよそ年収の10%前後となっています。

 

現在でもやはり過去の返済歴については審査される傾向にあります。

 

審査の結果、返済が滞りなく行われていることが分かると、
融資枠を少しだけ広げてくれるというところもあるようですが、ごくごく稀なことです。

 

年収の10%という数字は、返済可能金額のギリギリのラインです。

 

これ以上枠を広げるということはそれだけ返済金額も負担になってくるということも、忘れるべきではありません。