銀行の借入について

銀行での借入の何よりの利点は、消費者金融などに比べて金利が安いという点にあります。

 

銀行借入といっても個人向け、企業向け、さらに使用目的などによって
金利が異なっていますが、それでもやはり消費者金融よりは安い金利設定がされています。

 

反面、銀行での借入は審査が比較的厳しいために誰でもが利用できるという訳ではありません

 

しかし審査さえ通過することができれば、低い金利で
借入を行うことができるというメリットもあるのでやはり人気は高い傾向にあります。

 

この審査は企業相手であっても、個人相手であっても行われます。

 

企業が銀行で借入を行う場合の審査では、企業の経営状況や売り上げ実績、現在の負債額などが審査されます。
この時に負債が少なく、経営状態が比較的良い企業には低金利での融資が行われることもあるようです。

 

逆に経営状態が良くない企業が相手の時には、
貸し倒れなどを防ぎたいということから、金利が多少高く設定されてしまいます。

 

個人相手の審査の場合では、安定した収入があるかどうか、
過去の借入時の返済状況、現在の負債状況などが審査されます。

 

銀行からの借入を行う場合には、自分の使用目的に合わせたものを利用するのが通常です。

 

しかし最近では使用目的などに制限のないタイプや、
無担保や保証人不用といったタイプの金融商品もあるようです。

 

とはいえ銀行もできるだけ、貸し倒れを防ぎたいのは当たり前ですね。

 

そのためこういった無担保、保証人不用、使用目的制限なしといったタイプの
商品に対しては、審査も厳しく、金利も通常商品よりも高くなります

 

銀行での借入を返済する場合は、銀行口座からの引き落としという方法が利用されます。

 

企業ならば日ごろからその銀行をメインバンクとして使用していると、借入の時に
多少の優遇措置をとってもらえるといったこともあり、やはり銀行での借入はいろいろな面で有利です。