連帯債務者と連帯保証人

連帯保証人と連帯債務者という言葉は、住宅ローンなどで借入を行ったことがある方はご存じかもしれません。

 

住宅ローンなどを利用する時に、夫婦で収入を合算して
借入を行うときなどに出てくる言葉が「連帯債務者」、「連帯保証人」といったものですね。

 

保証人というのは借入をした本人の返済が滞ったときに、変わりに返済をする人のことです。

 

連帯保証人といった単語もよく耳にしますが、ここでは住宅ローンなどでよく利用される
連帯債務者、連帯保証人という言葉についてそれぞれの違いについて解説します。

 

収入の合算を行って借入をしたときには、合算者は上記の2つのうちのどちらかになるので、
事前にしっかりと2つの言葉の意味の違いを把握しておくようにしましょう。

 

連帯債務者というのは、1つの債務に対して両者が同じ責任を負うということになります。

 

具体的に言うと、夫婦で1000万円の住宅ローンを連帯債務で借入した場合、
夫婦は夫も妻もそれぞれで独立した形で、借入先に対して1000万の返済責任を負うことになります。

 

これは借入金額が倍になるという訳ではなく、全額を返済することで債務はなくなります。

 

連帯保証人は、その言葉の通り本人と連帯して債務を保証することを言います。
しかしあくまで保証人なので、通常通りに返済が行われている場合には返済請求を受けることはありません。

 

連帯債務が債務者全員での返済責任があるのに対して、
連帯保証人は借入をした本人の返済が滞った時点までは返済責任はありません

 

夫が住宅ローンを利用して妻が連帯債務者になった場合は、債務者は夫と妻の両者になります。

 

夫が住宅ローンを利用して妻が連帯保証人になった場合は、債務者は夫のみです。

 

収入合算を行って住宅ローンを利用する時には、連帯債務のときには夫婦両者で
住宅ローン控除が適用され、控除を夫と妻それぞれで受けることができます。

 

連帯保証人の場合には債務者が夫のみになるため、住宅ローン控除が適用されるのは夫のみになります。