借入の使用目的は様々

借入の目的は人により、時により違います。

 

ちょっとした出費が続いてしまい、来月の給料日まで数万円を借入したいという小口の借入では、
無人の端末で審査から借入までを行うことができるようにもなりました。

 

そのため借入から返済までの手続きや手間が簡略化され、簡単に借入を行うことができるようになりましたね。

 

会社を経営している人ならば、新たな設備投資のために大きな金額を借り入れることもあるかもしれません。
個人であっても、例えば自動車を購入したいが一括で支払うほどの能力はない、という時に借入を行ったりすることもあります。

 

小口の借入では、使用目的が限定されることはほぼありません

 

とはいえ金融機関が展開する商品には自動車専用のローンであったり、住宅を購入するためのローンといったものもあります。

 

これらの金融商品は設定された目的以外に使用することはできないタイプのものですね。
所謂キャッシングと呼ばれるATMなどを利用したタイプの小口融資の場合は、使用目的は限定されてはいませんね。

 

そのため私たちはそういった手段で借入したお金を、たまたま不足してしまった生活費に充てたり、
予期せぬタイミングで飛び込んだ冠婚葬祭などに利用することができるのです。

 

しかしそこで忘れてはならないのは、返済の問題です。

 

いくら手軽に借入を行うことができるようになったとはいえ、
借入を行って得たお金は利息をつけて返済しなければならないものなのです。

 

使用目的が限られていない借入ならば、何に使用するのも自由です。

 

しかしそのお金はいずれは返済しなければならないということを忘れずに、
計画的に利用する、返済できる金額の借入にするということを徹底するようにしたいですね。