借入の際の金利について

いざ借入を行おうとするときに、私たちが最も気になるのが、「幾ら返済することになるのか?」という点です。

 

私たちが実際に返済する金額は、できれば少ない方が良いですね。
そのためには、できるだけ低い金利の金融機関や商品を利用するようにしましょう。

 

借入の利息は金利によって計算されています。

 

つまり金利が安ければ安い程、返済金額も安く抑えられるということになります。

 

金融機関では実際にさまざまなタイプの金融商品を展開しており、
商品によっても、金融機関によっても金利は変わってきます。

 

金額や初めてキャッシングを利用するといった場合には、
30日以内の返済ならば利息が0といった商品も展開されています。

 

さらに、借入から一定期間は金利が安く設定されているパターンの商品もあるようですね。

 

どれを利用するにしても、まずは自分が幾らの借入を行い、月々に幾らの返済が可能なのか、
あるいは一括で返済ならば、何日には返済できるのか、ということをはっきりとさせましょう。

 

それによって、どの金融商品が最もお得になるのか、というのが変わってくる場合もあるのです。

 

またせっかく安い金利で借入を行ったとしても、返済が遅延してしまったりすると、
別の金利が適応されてしまう場合があります。

 

契約書には難しい言葉が並んでいたり、細かな事項が幾つも書かれているので
目を通すのは大変ですが、金利について、遅延時の金利についても記述されています。

 

しっかりと目を通すのはかなり大変ですが、大切なお金についての契約です。

 

多少大変であっても熟読するようにして、もしも分からない言葉、
分からないところなどがあったら、担当の方に納得できるまで教えてもらうようにしましょう。

 

きちんとした会社の契約書だから大丈夫、ではなく、自分で確認して納得することが大切です。