返済方式の種類について

金融機関で借入を行った時には、返済方法にさまざまな種類があるように、返済方式にも幾つかの種類があります。

 

返済期限や返済額など、しっかりと確認してから借入を行うようにしたいですね。
ここでは返済方式についてご紹介します。

 

元利均等方式

返済方法の中でも、よく耳にするのが元利均等方式です。

 

住宅ローンの借入などで使用される方法であり、借入をした時から、
返済終了まで返済金額が同じなので、将来的な予定や計画を立てやすい方法です。

 

元金均等方式

返済回数がきめられており、その回数で元金金額を割ったものに利息を加えて返済する方式です。

 

残高スライド元利定額リボルビング方式

借入した金額によって返済しなければならない金額が変わってくるのが、残高スライド元利定額リボルビング方式です。

 

現在数多くの金融機関で採用している方式になります。

 

元金定額リボルビング方式

借入を行う時、もしくはそれ以前に決めた返済額に、利息分の金額を加えたものを毎月支払う方式になります。

 

支払う金額は借入金額によって変わってくることになります。

 

元利定額リボルビング方式

毎月の支払金額に変動はありません。

 

しかし、借入金額が増えるにしたがって利息の支払いも増えることになるので、元金部分の返済が少なくなります。

 

元利定率リボルビング方式

返済は定率によって計算します。

 

例えば元金の○パーセントといった形で計算します。
定率で計算した金額と、利息分の金額をプラスしたものを月々に支払う形になります。

 

このように、借入、返済方法と1口にいっても様々な種類があることが分かりますね。

 

利息の計算は面倒だと感じることがあるかもしれません。
しかし借入を行い、無理のない返済計画を立てようと考えるからには、避けて通れない問題でもあります。

 

無理のない返済計画を立てるためにも、返済方法などについても
借入を行う前に知っておくと、計画も立てやすくなります。