借入の審査について

銀行に限らず、金融機関は借入の申し込みがあった時には、申込者の返済能力についての審査を行います。

 

審査基準は機関や会社によって違っており、その基準を私たちは知ることはできません。

 

一般的に銀行の審査が最も厳しいと言われていますが、銀行の金利は
他の機関に比べて安いために、審査が厳しいにも関わらず人気がありますね。

 

審査に必要なのは基本的には名前と生年月日ですが、それに加えて勤務先や、
中には家族の名前などが必要な場合もあるようです。

 

これらを申し込み用の書類に記入し、運転免許証やパスポートといった所定の
身分証明書のコピーとともに提出することで審査の申し込みを行います。

 

中には健康保険証を身分証明書としては認めない機関や、「写真のついているものに限る」
といった規定の機関もあるようなので、事前に調べておくと良いですね。

 

このときに必要な書類などに関しては、各機関によって
多少違いがあるようなので、やはり事前に調べておくのは必要です。

 

この審査で調べられるのは、過去の借入時の返済状況や現在の借入件数、金額などです。

 

審査内容、審査基準については公開されてはいませんが、幾つかはっきりしているものがあり、
その中の1つが所謂「3件規制」と呼ばれる基準です。

 

これは消費者金融連絡会で定められており、借入件数が4件以上あった場合には融資を行わないという内容になります。

 

さらに現在では年収の3分の1以上の金額を借りることはできないので、もしも借入審査を
申し込む場合には、最低でも上記については考慮した上で申し込む必要があるでしょう。

 

審査に通るようにするポイントとしては、「確実に返済できる金額にする」のが1番です。

 

しかし、私たちの返済できる金額基準と、金融機関からみた基準に隔たりがあることも考えられるので注意が必要ですね。