ネットで簡単手続きの借入は現在、5人に1人が利用しています

とにかく金利が低く、銀行系なので安心です。

銀行系のカードローン会社のCMが増え、気になっている方も多いと思います。

 

銀行系カードローンの良さは、まず安定した企業が行なっているので初めてキャッシングをするにも安心なところです。私が利用したのは、三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックです。

 

最初は大手銀行系なので審査が厳しいのではないかと思っていました。

 

私は契約社員として働いているので、その辺が一番心配なところでした。しかし公式サイトで確認すると、安定した収入があればパート・アルバイトの方の申し込みも可能ということでした。

 

早速インターネットから申込んだのですが、最短30分で審査回答可能という触れ込みの通り、審査回答も早く貰えました

 

即日融資も条件はありますが可能ですので、お急ぎの方にも利用しやすいと思います。
また、バンクイックの魅力は銀行系ならではの金利の低さです。

 

他のキャッシング会社と比べてみれば分かりますが、
年1.8%〜14.6%という低金利ですので、負担も少なく無理のない返済が可能です。

 

金利が低いので他社からの借り換えに使うのもひとつの方法でしょう。

 

今まで多く払っていた金利が低くなるので、毎月の生活に余裕ができます。

 

公式サイトはこちら

人気の借入ローン TOP4

数ある借入ローンの中でも、口コミによる評価が高い商品だけを厳選してランキング比較しました。

 

順位

サービス名

実質年率

限度額

審査

公式サイト

1位 プロミス 4.5%〜17.8% 500万 最短30分 公式サイト
2位 オリックス銀行カードローン 1.7%〜17.8% 最高800万 HPで確認 公式サイト
3位 ビジネクスト 8%〜18% 1000万 最短3営業日 公式サイト
4位 SMBCモビット 3.0%〜18.0% 800万 最短10秒 公式サイト

 

※SMBCモビット10秒審査の結果表示は、事前審査による結果表示となります。

 

詳細のランキング比較はこちら

借入れの審査が不安なんだけど、どんなことをするの?

初めてカードローンやキャッシングを利用する時には、緊張もしますし不安を感じることもあるかもしれません。

 

しかし最近では、一定期間無利息といったサービスを展開している
業者も増えてきており、それらを賢く利用する人も増えてきています。

 

それにカードローン会社も、無理矢理返せないような金額を貸したりすることはなく、
私たちの返済能力を確認した上で、融資限度額を決定しています。

 

この返済能力を確認するために行われているのが、審査と呼ばれるものになります。

 

借入するための申し込みを行うと、どこの業者でも
まずこの審査が行われ、審査に通らなければ借入を行うことはできません。

 

同じ金融機関でも審査が厳しいところ、そうでもないところなど基準がまちまちです。

 

1件目の審査で落ちたとしても、希望金額を下げて別の業者で審査申込みをすると通ることもあるんですよ。

 

審査内容や基準は教えてはもらえませんが、私たちが行うことは、申込み用紙に名前、生年月日、
職業、現在他社での借り入れ金額がある場合の詳細などを記入するだけです。

 

この審査も別に店頭にまで出向く必要はありませんし、
インターネットのフォームの所定蘭に入力していくだけで終了するところもあります。

 

審査の結果はメールで送られてくるので、直接人と対面することなく手続きが行えるので、緊張もしませんね。

 

審査にかかる時間も業者によって違いますが、近年ではネット上での手続きなどですと、30分から数時間
というところが多く、申込みした当日に融資可能というところも出てきています。

 

1度審査を行ってしまえば、以降は発行されたカードを使い、提携ATMなどで借入、返却が行えるようになります。

 

最近はコンビニATMと提携している業者も多いので、出先などで急に出費があったとしても
すぐに対応することができるので、財布に1枚入れておくと心強いですね。

無理のない返済計画をたて、賢く利用しよう!

借入は審査を通ってしまえば、あとは人と直接話をすることもなく、ATMなどで利用することができます。

 

とても簡単に利用できるので、逆に拍子抜けしてしまうかもしれませんね。
しかし簡単に利用できるからこそ、しっかりと考えておかなければならないのが、返済についてです。

 

借入はあくまで「お金を借りている」だけです。

 

借りたお金は利子をつけて返さないとならないので、返済についてもある程度の計画を立てておく必要がありますね。
例えば10万円を借りて、月々1万円の返済を行うとします。

 

極端な話ですが、毎月の収入が2万円ならば、残りの1万円では生活することはできません。

 

このように借りるときには、毎月幾ら返済することになるのか、
返済後の残りのお金で、生活していくことができるのかを把握しておかなければなりません。

 

法律では、借入金額が生活を圧迫しすぎないように、借入の限度額が
決められており、年収の3分の1という基準になっています。

 

しかしこの数字だと、少々借入金額が多いと見るべきでしょう。

 

一般的にはゆとりのある返済が行えるという数字は、収入の1割から2割前後だと言われています。

 

人によっては収入が多くても家賃支払いなどが多いために自由になるお金が
少なかったり、逆に収入が少なくても自由になるお金が多かったりと状況が違います。

 

つまり、自分の自由になる金額や収入の状況と照らし合わせた上で、
返済計画を立てていくのが理想的であるといえますね。

 

自分の返済計画に自信がないこともあるかもしれません。

 

業者の中には、返済シミュレーションができたり、実際にオペレーターと相談することが
できるところもあるので、そういったサービスを利用してみるのも方法の1つです。

 

カードローンは賢く利用すれば、決して怖いものではなく、日々の生活や心にゆとりを与えてくれます。

 

ただしそのためには、無理のない返済計画を立てることが第一なのです。
それさえできれば、急な出費があっても不安になることもなく、ゆとりのある毎日を送ることができるようになるでしょう。

よくある質問

借入で聞く即日融資ってなに?

即日融資というのは、金融機関に借入の申し込みをしたその日のうちにお金を借りることができることです。

 

即日融資なら、突然の事故にあってしまったり、今すぐにお金を借りたいという場合に、
希望した金額をすぐに口座に振り込むことができます。

 

金融機関によっては、申し込みするために行う審査も短時間で終わることができるほかに、
新規顧客のために行っている30日間無利息キャンペーンというものを利用することができるようになっています。

 

無利息でキャッシングはできるの?

金融会社は利息で得る部分を会社の利益としているので、無利息でのキャッシングを無期限で受けることはできません。

 

ですが、ほとんどの金融会社が、多くの人にキャッシングの便利さや手軽さを知ってもらうためのキャンペーンとして、
新規顧客へ30日間だけ無利息でキャッシングを受けることができるようにしています。

 

自分の好きな金額だけ借入できるの?

借入することのできる金額と目安には、収入の10パーセント前後だと決められています。

 

しかし、これはあくまでも目安なので、所有している家や資産、
利用している金融機関によっても、借入できる金額は変わってきます。

 

借入できる金額については、借入申し込みをするための審査が行われたあとに教えてくれるようになっています。

 

この審査で過去の借入分についても詳しく調べられる場合もあり、現在も返済をしていたり、
返済が遅れている時には、希望の金額が借りることができないこともあります。

 

どうして借入の審査をするの?

借入申し込みをする時に行う審査は、金融機関側が、顧客に対して返済能力があるかどうかを調べるために行います。

 

100万までの返済能力をもっていない人に対し、300万を融資した場合、金融機関側が貸し倒れになってしまうこともあります。

 

そういったことがないように、審査によって顧客の名前や住所、会社などを把握し、
いくらまでを融資することができるのかを決定します。

 

借入の申し込みをする審査は厳しい?

審査は店頭にまで行く必要がなく、インターネットで審査を終わらせること可能です。

 

そのため、審査をその日に終えて、当日から融資が可能となることも少なくありません。

 

審査の内容は金融機関によって変わってくることがあるので、厳しい審査を行う場所もあれば、
そうでないところもあったりと、審査の基準はまちまちとなっています。

 

審査に通るポイントとしては、初回で大きな金額を借入しないことです。

 

金額をおさえておくと審査にも通りやすく、早めに返済することで返済能力を認められ、
次に借入する時に、金額枠を広げてくれることもあります。

 

お金を借りる時に気をつけることって?

審査や初回でお金を借りたあとの、2度目以降のキャッシングなどは手軽に利用できるようになります。

 

ですが、その手軽になった2度目以降から、借入についてよく考えずにキャッシングしてしまう人も少なくありません。

 

借入はあくまでもお金を借りているだけなので、無計画のままにキャッシングを続けてしまうと、
そのお金を返済する時に困ってしまうことがあります。

 

そのため、返済計画についてはきちんと練ってからキャッシングするようにしておくと、後々困ることがありません。

 

教育ローンには種類があるの?

国が運営しているものと、民間のものがあり、教育ローンはこの2種類に分けられています。

 

国の運営している教育ローンのほうでは、日本政策金融機構の教育一般貸与もいくつかついているため、
民間での教育ローンに比べると、利息も安く済むようになっています。

 

民間での教育ローンには、無担保型や有担保型といった種類があるので、借りることのできる金額や、
使用目的についての幅も広くなっているため、使い勝手のいいものになっています。

 

収入がなくても借入はできるの?

お金を借りるには、それを返済することができることが条件となっているので、
安定した収入のない人がお金を借りることは難しくなっています。

 

ですが、学生の場合は卒業してからの返済をすることができるので、借入することができます。

 

金融機関によっては、専業主婦の場合、銀行カードローンなら借入可能となっているものがあります。

 

その場合は、配偶者の同意や、住民票や戸籍謄本といった書類も必要になり、
審査の時間も長引いてしまうことがあるので、ホームページや資料によく目を通しておいてください。

 

家族に内緒で即日融資は受けれるの?

店頭にある無人契約機を使うか、Web完結での契約をしている場合なら
郵送物が家に届くことがないので、ご家族に知られずに融資を受けることができます。

 

ただし、一部の銀行では無人契約機でカードローンをすることができないので、あらかじめ調べておくのがいいでしょう。

 

Web完結式の方ではカードレスが使用できるようになっているので、便利になっています。
しかし、返済を滞納されてしまうと、督促の手紙が届いてしまうので、毎月の返済はきちんと行うようにしましょう。

 

連帯責任者と連帯保証人でお金を借りる時はどう違うの?

住宅ローンなどで大きな金額を借入する時には、連帯責任者と連帯保証人という言葉を聞くことがあるかもしれません。

 

例えば、夫婦で住宅ローンを連帯責務で借入した場合には、
夫と妻、両者が独立した形で借入先に返済する責任を負う事になります。

 

一方で、夫が住宅ローンを利用し、妻のほうが連帯保証人になった場合は、夫のみが借入先に返済していきます。

 

ですが、夫が返済を滞った場合には、連帯保証人となっている妻が返済をすることになります。

 

借入した残高を早く減らす方法はあるの?

住宅ローンのように借入の金額が大きくなってくると、返済期間が30年以上もかかることがあります。

 

その間に利息もかかってしまうので、返済する金額がどんどん増えていってしまうこともあります。
それを減らす方法では繰上返済というものがあります。

 

利息部分ではなく元金部分のほうを減らす方法なので、最終的に支払うことになっていた利息を減らすことができます。

 

金融機関によっては1日単位で利息の計算がされることもあるので、
返済日を待たずに余裕ができた時にすぐ返済しておけば、借入残高を減らせます。

 

即日審査が可能な場所に申し込んだのに、振込が翌日になったのはどうしてですか?

即日融資と違って、即日審査可能というのは、審査のみがその日のうちに終わるということを意味しています。

 

そのため、振込が翌日になってしまいます。

 

即日融資が可能となっている金融機関でも、混雑している時には審査が遅くなってしまったり、
契約が完了しても受け付けの時間が過ぎてしまった時には、振込が後日になってしまう場合も珍しくはありません。

 

審査の時間の目安として、最短何分と書かれている金融機関でも、
それはあくまでも最短の目安とされているので、審査に数時間かかる場合もあるので注意してください。

 

借入をすることのメリットとデメリットってなに?

メリットとしては、必要な金額が手元にない時や、結婚式などのお祝い事で
予想外の出費があった時に借入を利用できると便利になります。

 

金融機関にもよりますが、即日融資が可能となっている場所もあるので、早ければ
その日のうちに希望した金額を振り込んでもらえるので、お金がないことで慌てることがありません。

 

デメリットでは、借入することで利息がついてしまうことです。

 

金融機関では利率の計算をして利息を算出して利息を決めているので、お金を借りた顧客は、
借入した金額である元金と、算出された利息の両方を払う必要がでてきます。

 

返済が滞ってしまったりする場合には、次から借入を行う時、希望金額が借りられない場合も出てくるので注意をしてください。